<< 大・小 高田公園の蓮 >>

蓮の出生

昨日行った高田公園では、先月京都の学院でも蓮を生ける授業があったので、
花だけではなく出生を確認しながら見てきました。
浮葉
e0275793_15262198.jpg

巻葉
e0275793_1529441.jpg

鐘木葉
e0275793_15341273.jpg

開葉
e0275793_1538340.jpg


e0275793_1520619.jpg

開花
e0275793_1546178.jpg

e0275793_1549598.jpg

e0275793_15535441.jpg


e0275793_16111484.jpg

朽ち葉
e0275793_16175387.jpg


池坊の生花(しょうか)では、上記すべての花・葉を使用して生けて、
現在・過去・未来を表現します。

授業で先生が「花は莟を持ってから20日くらいで開花し、4日程度咲く」と教えてくださいました。
1日目は早朝に、とっくり状に開き夕方には閉じて
2日目はお椀状に開いて姿・香り共に美しいそうです。
3日目は皿状に開くが、色・香りが退化し閉じにくくなり
4日目には昼から一弁づつ花弁が落ちていくそうです。

今回はそのことを思い出しながら、、何日目の花かなぁ・・・なんて思ったり
風に乗って飛んでいく種と違って、
日にちが経つと垂れていく実からは、いずれ己の足元に種を落として
ずっと変わらずこの池で命をつないでいくんだなぁ・・・なんて思いながら眺めていると、
蓮の花がいっそう気高くそして健気にも見えました。
[PR]
by b_fleur | 2013-08-05 12:03 | お散歩
<< 大・小 高田公園の蓮 >>